Skip to content →

乾燥しづらい肌になりました

ダイエット効果は高いし、デトックスにもなるというので、以前から気になっていた、ファスティングダイエットに挑んでみて、3キロも減量できたので、ダイエット的には成功です。決して楽なものではないファスティングも、きれいになりたい気もちがあるからがんばれたのですが、鏡をよく見てみると、どうやらしわが増えているようなのです。

ファスティングダイエットとしわの増加がどう関係しているのかわかりませんが、何かあっても別におかしくはない、とも思いますし、今はとりあえず、スキンケアをじゅうぶんに行いつつ、情報を集めてみるつもりでいます。

私は乾燥肌なので、スキンケアにオイルを使うことにしています。

オイルを使用してマッサージをしたり、オイルを配合したパックを使ったり、また、クリームを塗る変りにオイルを使っている為、乾燥しづらい肌になりました。いつも潤いのある肌になれてすごく嬉しいです。年齢は肌に出ます。顏はメイクでごまかしも効きますが、肌はそうはいきません。

特にわかりやすいところは目の下でシワが多くなるし、クマが出現しやすく、また中々去りませんから、年齢あがるにつれ、この部分について悩む人は増えていくそうです。それから、肌のハリ、ツヤが加齢と供になくなると、お肌がしぼんでいき、しぼんだ分だけシワとなってしまいます。ここでは顔だけを見てみますが、どこにできたシワで多くの人は悩むのか、ということですがこれは不機嫌そうに見える眉間にできた深いシワ、目の下や目尻の笑いジワ、これのおかげで一気に老けて見えるほうれい線(医学用語では、鼻唇溝というそうです)などです。お肌が荒れているときのお手入れのやり方のポイントは、顔を洗うことと潤いを保つことです。洗顔に際しての注意点ですが、とにかく肌をゴシゴシこすらないようにして顔を洗うようにしてください。顔にしっかり水分を含ませてから、たっぷり泡立った洗顔料をのせて、泡できれいにするようにします。洗顔料が残留しないように、しっかりと流すことも重要です。

気がつけばアラサーになっていて、シゴトもあれこれ任されるようになり、毎日忙しくしているのですが、ある時、何気なくのぞいた鏡を前にしてかなりビックリしました。目の下のクマ、シワの増加がくっきり見てとれ、日頃の余裕のなさを思い知らされた気がしたのです。

こんなことがあってから、私は決めたことがあります。

どれ程疲れ切って家に帰ってきたとしてももう二度と洗顔しないまま眠りこんだりしません。

ちゃんとケアをして、肌のためにできることをして、シワの増加を防いで、これ以上老け顔に見えないようにしよう、と心に誓いました。キメが細かい肌と言えば、もれなく美肌を指します。

キメとは、肌の表面に走る皮溝という細い溝と、皮溝に囲まれた小さい部分である皮丘が織り成す模様のことです。

キメの整っている肌の表面では皮溝に囲まれた皮丘に水分が含まれ、形も均等によく揃っているものです。ところが、身体の外側にあり、バリアの役目をする表皮が乾燥しきった挙げ句に荒れてしまうと、皮丘はその形を乱し、キメは崩れてしまいます。

荒れてしまった表皮では、ちゃんとしたバリアにならないので、表皮が守るべき真皮も、ほどなく損傷を受けることになるのです。真皮は肌の土台というはたらきがあり、真皮にまでダメージが及ぶと、土台としての力が弱まって肌を支えていられなくなり、肌表面にシワを生みます。

肌トラブルで一番多いのはカサカサではないでしょうか。

カサカサ肌はとてもやっかいで、それに起因して小じわが出来てしまったり、肌荒れを起こすようになります。

そこで効果があるのが、お風呂上りに化粧水をすぐつける事です。肌が一番乾燥しているのはお風呂上りなので、化粧水を10秒以内につけるのがお薦めです。お肌についてシミで悩まされている方は多いです。

多くのシミの原因は、日焼け等、肌への刺激によって、肌が赤くなり、変色するという過程を経て、色素沈着したものになります。肌の赤みは色素沈着へつながるので、肌の炎症性疾患ができたことによる赤みもシミの原因の一つです。日焼け止めだけでなく帽子や日傘などを利用して、しっかりUV対策をすることやいつもより肌と向き合いながらスキンケアするだけでも、シミが増えていかない肌を創るのに効果的です。アトは、食生活でシミ予防を意識することやサプリメントなどの力を借りて綺麗な肌を創るために大事なビタミンCを体に取り込むこともシミ対策になるでしょう。

とにかく朝は時間が多くないので、スキンケアに時間が足りない人も多くあると考えます。一分は朝とても貴重あものです。しかし、朝のスキンケアを手を抜いてしまうと、元気な肌で一日を維持が出来ません。一日楽しく送るためにも、スキンケアは、朝しっかりと行いましょう。

日焼け止めは毎日欠かさず塗っているのにシミができて困っている人も多いのではないでしょうか?このシミ、消せないのかしら?とお悩みの方、シミ対策のひとつとして薬による治療も挙げられます。あなたのシミ、原因はなんですか?小さく平坦なシミは紫外線が原因ですし、女性ホルモンが原因でできるシミは、左右の頬あたりに薄く大聞く現れるのです。ということでご自身にあるシミの原因をしり、原因に合わせた薬によって治療すれば、シミとさよならできる日も遠くないということです。

Published in 保湿効果