Skip to content →

肌の保湿に関わる成分

お肌の調子は、肝臓と密接な関係があります。肝臓の役割として、ご飯や呼吸によって体内に取り込まれた各種の物質を代謝・分解し、解毒するはたらきをしています。有害な物質を解毒しきれないと、有害物質を含んだ血液が再び体内を巡るので、お肌を流れる血液も汚れて、お肌の調子も悪くなります。肝臓を健康に保つことが、きれいな血液、健康的な肌へと近づくための隠れた必須条件です。

肌がデリケートな人は、ダブル洗顔不要のウォータークレンジングなどでメイクを落とすと、肌に不要なオイルが残らずに済みますし、スキッとします。それでもダブル洗顔を願望する場合には、ぬるいお湯で少し洗い流す程度にとどめておきましょう。

敏感肌は、肌の状況が変化しやすいので、その変化に柔軟に対応していくことが重要です。シワがどうしてできるのかと言うと、原因としてはまず、乾燥が一番であることはよく言われているでしょう。部屋のエアコンの空気にさらされていたり汗をかいて、肌の保湿に関わる成分がともに流れて失われてしまった時などは特に気を付けましょう。
白漢 しろ彩

デリケートな肌を乾燥から守るためには、それこそ何度でもひんぱんに保湿をすることが大切だとされています。

スプレータイプの化粧水はその点手軽で便利です。どこでも取り出してシュッとひと吹きできます。それから、激しい運動の後などは、大量の汗をかいていますから、すぐに保湿が必要となります。乾燥しがちな肌なので、潤いある肌をつくるために化粧水にはいろいろとこだわっています。化粧水にはとろみのあるものを使っているので、洗顔を行った後、化粧水だけで十分だと感じるほど潤って、まあまあ気に入っております。化粧水はあまりケチらず贅沢につけるのが秘訣だと思っています。お肌にシワができる環境要因として最も手強い敵は、乾燥だと言えるでしょう。いまはどこでもエアコン完備で快適ですが、その代わり肌に長期的にダメージを与えて、老化を促進させます。積極的に乾燥対策をして潤いが持続するようなケアを、必要な分だけ行なっていく必要があります。

メイクの上から使える粒子の細かいエラートを使ってときどき肌を潤してあげると、脂質と水分のバランスがとれて良いでしょう。また、夏以降のキレイ肌をつくるために、夏の間は徹底してオイルマッサージやフェイスパックなどの保湿中心のスキンケアを行ってちょうだい。

特に肌トラブルの中でも男女や年齢などに関係なく悩むのが多いのは、やっぱりニキビではないでしょうか。一口にニキビとはいっても、いくつかの種類があり、その理由、原因も多くあります。ちゃんとニキビの原因を知って正しい治療方法を選ぶことが綺麗な肌にする第一歩と言えます。最も多い肌トラブルはカサつきではないでしょうか。

カサカサ肌はとてもやっかいで、小じわが出来るもとになってしまったり、肌荒れにまでなってしまいます。そんな方にお薦めしたいのが、お風呂上りに化粧水をすぐつける事です。お湯を浴びたにもか換らずお風呂上りは肌が一番乾燥しているので、化粧水をつけるのは10秒以内がお薦めです。砂糖など、糖質を摂りすぎる方はちょっと考えてちょうだい。

糖質の摂りすぎは、お肌のくすみを引き起こします。

糖分は体の中でタンパク質(ダイエットするなら、むしろ積極的に摂った方がいいでしょう)と反応しやすく、老化の進行を早める糖化産物が身体のあちこちに増えるのです。肌でコラーゲンが糖と結びつき、糖化物質ができていわゆる黄ぐすみになったり、シミの悪化や、シワ、たるみの原因になったりする事態を招いてしまいます。顔のシミをコンシーラーで消し去ろうとして、思いがけず、シミが目立ってしまった体験はありませんか。

ファンデーションをセレクトする時は、元々の肌色よりも少し明るめをチョイスする女性が少なくありませんが、コンシーラーでシミを隠そうとするなら、お肌より明るいカラーをチョイスしたらシミがさらに際立つでしょう。シミを見せないためのコンシーラーの選び方は肌よりわずかに暗い色を買うようにしたらいいでしょう。いつまでも白い肌をとまめにケアをしているのにいつの間にかシミはできてしまいます。がんばった甲斐がないなぁと思われた方もたくさんいらっしゃると思います。

あきらめずにシミを改善していくにはビタミンCの摂取が効果絶大です。

ビタミンCをうまく取り入れると、シミも撃退できるでしょう。

とはいえ、ビタミンCを多く含むご飯だけをする理由にもいかないでしょう。

そんな方はビタミン剤などのサプリメントを使うのも一つの手です。

Published in 敏感肌