Skip to content →

相乗効果で潤いを維持できる

肌にダメージを与える乾燥。秋冬や時節の変わり目は肌年齢が進みやすいので、気をつけている人は多いようです。特に、皮膚の薄い目尻や目の下、口元などは乾燥の影響を直接受けてシミやシワが出やすいですし、体質によっては、ひどいかゆみや目尻のただれを我慢している人もいます。

乾燥防止の目薬を使っている人もいるようですが、肌にも潤いを与えてあげて頂戴。

目の周囲には通常のお手入れのほかオイルで脂質を補うようにすると、水と脂の相乗効果で潤いを維持できるのです。

肌に浸透するバニシングタイプと肌の上で守ってくれる通常タイプのオイルがあるのでそのときのコンディションによって使い分けると良いでしょう。

数多くのシミが肌にあると、実際の年齢より老けて見られるようになります。歳を取るにつれて、傷の治りも遅くなり、これくらい大丈夫と思っていた日焼けでも致命傷となってしまいますので、常日頃から日焼けには注意しなくてはなりません。手軽な日焼け止めや帽子といったもので直接の紫外線を避けると共に、トマトやキャベツといった食べ物によってビタミンCを、今までよりももっと摂っていきましょう。普段から、長風呂が好きな私はお肌がドライ化するのを防ぐために、常に洗顔後はすぐ化粧水をつけてから、ゆったりと入浴を楽しんでいます。しかしながら、真冬の時期ともなると化粧水を使用しただけでは入浴後の乾燥が気になるため、化粧水+保湿美容液もしっかり塗って入浴を心がけていますが、この習慣が身につくようになってから乾燥肌がとても改善されてきました。お肌の乾燥対策には、洗浄力控えめで、刺激の少ないクレンジング剤をなるべく選びます。落ちにくいところはそこだけ専用のリムーバーを使い、お肌を傷つけないようにして頂戴。持ちろん、顔を洗う時もゴシゴシと擦らないように注意しなくてはいけません。キメの細かい泡で優しく洗い、ぬるま湯でしっかり流しましょう。しょっちゅう洗顔をして肌に必要な皮脂が常に足りないといったことになると、足りていない皮脂を補おうといっぱい出すようになるのです。度を越えた洗顔をすると、乾燥状態にもなり、より一層多くの皮脂を出してしまいますから、洗顔はしすぎないよう注意して頂戴。洗顔をした後はたっぷりと化粧水を使って水分を補うことを忘れないように行うことが大事です。

みかんのような柑橘類は、ビタミンの宝庫です。

お肌のターンオーバーを活発にし、シミのないお肌にするためにお奨めの食べものです。

けれども、みかんを食べるタイミングには気をつけて頂戴。

朝に食べると、これから紫外線を浴びる時間帯なので、柑橘系の果物に特に多く含まれる一部の成分が光や紫外線を敏感に受け止めるはたらきをして、お肌のためには逆効果になってしまいます。美肌効果をねらうのなら、みかんを食べるのは朝より夜、といえます。お肌のシミができるのは年齢によるものや紫外線もシミをつくる原因の一つですけれど、時には病気がシミの原因だっ立ということもあります。

もしも、突然シミが増えた気がするのであれば、何かの病気にかかるのかも知れませんし、あるいは、病気が進行しているおそれがありますので、なるべく早めに医師に相談し、診断を仰いで頂戴。肌荒れが酷くなってしまい、自分でのケアのやり方が分からない際には、皮膚科に行き相談して頂戴。肌荒れに効く保湿剤やビタミン剤などを場合によって処方してくれます。加えて、早寝早起きで質の高い睡眠をたっぷりとるようにして、ビタミンやミネラルを多く含む食べ物を積極的に摂ることが必要です。飲酒も、適量なら血行を良くする効果があり、お肌のためにも役にたちます。市販の酒粕をパックとして使うとくすみを消すのに良いそうです。酒粕を細かくしてボウルなどに入れ、少量の水を加え、酒粕を柔らかくして、すりつぶして固まりが残らないようにします。

少しずつ小麦粉を混ぜて好みの固さにして、ダマがなくなれば酒粕パックができます。ただ、酒粕の匂いが不得意な方は止めた方がいいでしょう。肌荒れ時に化粧するのは、少し考えますよね。

化粧品の注意事項にも肌トラブルの場合は使わないで頂戴と書いてあったりします。でも、UV対策だけはしておくことが重要です。下地や粉おしろいのようなものを軽く付けておく方がベターです。後、できるだけ紫外線を避ける生活を送るべきでしょう。

http://xn--cckade3a5ah8a1af3m8oxcp8glb3md.xyz

Published in 洗顔