Skip to content →

シミの対策をおこなう

気づいたらシワができたなんて言っていながら、実はシワには原因があることはご存知なのでは。たとえば真っ先に思いつくのは、乾燥でしょう。

真冬は持ちろん夏でもエアコンで室内が乾燥し、皮膚の深いところで潤いが減ってトラブルを起こすからです。積極的に乾燥対策をして保湿ケアは怠ってはなりません。

外出先の乾燥も気になるので、ミニサイズの間違いトスプレーでときどき肌を潤してあげると、脂質と水分のバランスがとれていいですね。また、夏以降のキレイ肌を創るために、夏の間は徹底してオイルマッサージやフェイスパックなどの肌の内側に効く保湿ケアをおこなうようにしましょう。「肌トラブルに悩んだことがない女性はいない」といっても過言ではありません。加齢と伴に特にシミに関して悩みがちです。シミの対策をおこなうには、ビタミンを摂るのが重要なポイントなのです。中でも、ビタミンCの成分は、シミの予防のみならず、今あるシミを改善したり、なくすことも出来るでしょう。ビタミンを積極的に摂取すれば健やかな肌を維持することが出来るでしょう。ふと年齢を意識することってありませんか。私が経験したのは20代後半のときです。早く退社した日に買物に行って、店頭の鏡を見たときにがっかりしてしまいました。ずっと俯いていたせいかもしれませんがハリがなくたるんでいて、いつのまにこんな顔になったー?!と思いました。

でも、おかげで、気づくことができたんです。これでは肌も心も栄養をなくして枯れてしまうような気がして、疲れてもスキンケアは大切なことですから省いてはいけない、自分だからこそできるケアなんです。後々につながる美容を大切にしようと心に決めました。エステでもシミやソバカスを目立たなくしたり、なくしてしまうコースが設定されているところもあります。

カバー力のあるファンデーションを使ってもきれいに隠すことは難しく、隠すのに必死でついつい厚塗りしすぎてしまうそんな話もよく聞きます。フェイシャルコースをうけると、シミの悩みが改善されて、カバーメイクなしのお肌に変わっていけるでしょう。

顏のシワが、その人の顔の一部として認識されるようになるのは、大体38歳くらいかなと個人的には思っています。この年齢になってくると、ナカナカ身体の疲れがとれないことを実感しますし、クマとかほうれい線あたりの老けてみえるアイテムが激しく存在アピールを初めるようになります。38歳以前は、肌が疲れているな、と感じても、ほんの些細なケアをしてあげれば次の日の朝にはちゃんと元気を取り戻していたと思うのですが、38歳になった途端、肌が元気になるまでに、おもったより時間がかかるようになってしまい、疲れが残った状態がつづいてしまっているのです。

しわ取りテープという名前の商品をご存知でしょうか。貼るだけで顏のしわを取ってくれるというしわ取りテープは、テレビでコスメ関連全般に造詣が深いとされる芸能人によって絶賛されており、その芸能人自身も使っていると言うことでした。

これはしわをのばしてテープを貼り、しわが取れるよう皮膚の矯正を行なう商品のようですが、これを貼ってる最中は引き締まってる感覚がナカナカ良く感じるようなのですが、あまりにも長い時間貼りつづけていたりすると、肌への良くない影響も出てくるようで、赤くなったり、かゆみが出たりすることもあるでしょう。

しわ取りテープの使用でシワどころではない肌トラブルに!なんてことになったら大変です。正しい方法で使用しましょう。思い立ったときにすぐできるアンチエイジング対策として、フェイスパックのようなスペシャルケアをしてみてはどうでしょう。

就寝前におこなうと肌が休まるので緊張がとれ、ゆったり眠れるようになります。身近なものをパック剤として利用することもできます。ヨーグルトの上の透明な液(ホエー)だけでもいいでしょうが渇くと突っ張るので、ヨーグルトを丸ごと使います。

こすらないように注意しつつ肌に広げていき、石鹸や洗顔料を使わずに水かぬるま湯ですすぎます。乳液ほど重くなくて、ニキビ肌やアトピーの人でも安心して出来ます。

天然成分オンリーで肌の調子を整え、シワ予備軍に的確にはたらきます。

パックだけだと使い切らないので、賞味期限内に食べてしまって下さいね。肌にできてしまったシミは、それだけで見た目年齢に影響するため、厄介なものです。そもそもシミとは何なのかというと、表皮に現れたメラニン色素がそのまま剥がれ落ちずに蓄積されたものなのです。

ターンオーバーの促進で少しはシミを目立たなくすることが可能となりますが、家庭やクリニックでピーリング(他のアクセサリーは自分で買っても、これだけは恋人から贈られたいという女性も多いものです)を行い、古くなった角質を除去すると、さらにその効果が期待できます。

でも、ピーリング(他のアクセサリーは自分で買っても、これだけは恋人から贈られたいという女性も多いものです)で角質を落としすぎるとお肌に負担をかけるというリスクもあります。

肌は肝臓の窓だと言えます。肝臓では、血液を通して体内に取り込まれた各種の物質を代謝・分解し、解毒するはたらきをしています。有害な物質を解毒しきれないと、老廃物・有害物質が再び全身の血管を流れ、お肌を流れる血液も汚れて、お肌の調子も悪くなります。常日頃から肝臓の調子に気を配ることがお肌の健康を維持するために必要なことなのです。

少し前にガングロが流行りましたが、再度、ブームが起こりそうな気配です。ファッションの流行の一つとして落ち着き初めたとも言えますが、どうも引っかかるのはお肌のシミです。人それぞれですが、ガングロを辞めた後は普通より持たくさんのシミが生じるように思われます。

Published in 若返り