Skip to content →

スキンケアの時間や費用

アラサーの肌って微妙です。すごくキレイな人もいれば崩れてる人もいて、私は後者になりかけました。

化粧室で同僚と並んでメイクを直しているとき、肌のちがいにがっかりしてしまいました。元々笑いシワはあったのですが目尻がなんだかシオシオしていて、これが自分の顔かなって。

。。ショックでしたけど、同時になんだか納得しましたね。スキンケアの時間や費用って、純粋に自分のためのものです。美容に時間をかけていると、気持ちも肌もリセットされていくのです。後々につながる美容を大切にしようと心に決めました。敏感肌(先天的な要因の場合もありますが、後天的な生活習慣などが原因になっていることも多いでしょう)の問題点としては、水分不足によることが殆どですが、肌質に合っていない化粧水を使っても、かえって悪化させてしまいますね。肌質に合った刺激の少ない化粧水、化粧品によって、ふんだんに保湿をするようにしてください。後、ダブル洗顔は肌に悪影響を与えますので、低刺激の肌質と合致しているクレンジングで、ちゃんと落とすようにしてください。以前、大人気だったガングロが最近になって再び、ブームになりそうな兆しが見られます。一つの形として浸透し始めた感もありますが、お肌のシミが心配ですよね。

みなさんが同じって理由ではないでしょうが、ガングロを辞めた後はガングロではなかった人と比べて多くのシミが生じるように思われます。素肌の年齢は、いつまでも若く保ちたいものです。肌の劣化(シミ・シワ等)は経年によるものだけでなく、紫外線の強い影響をうけていますね。しわの発生を抑えるために帽子・日傘・ストールなどの活用のほか、日焼け止めを塗るなどして通年にわたり防御しましょう。また、うっかり日光に当たってしまったら、冷たいタオルなどで、ほてりや赤みがひくまで冷やしたアト、クリームや低刺激性の化粧水で充分なうるおいを与え、シミやシワの元を創らないように心がけましょう。

老け顔のファクターを一掃することで、みずみずしい肌を維持することができます。毛穴、中でも鼻の毛穴に目立つ角栓があるとすさまじく気になるものですよね。

とはいえ、洗顔の時に無理に取り除こうとしてしまうと、逆にお肌を傷つけてしまうといったことにもなるので、その方法はオススメ出来ないのです。ピーリング石鹸といったものを使用して角栓を入念に取り除くようにするといいでしょう。しかし、使いすぎると良くはないので、週1~2回ほどの使用を守ってください。

アラサーと言い続けて5年、ついに私の顔にもシミがあっちにも、こっちにも出てきてしまいました。何故こんなことになってしまったのか?理由はひとつしかありないのです。

太陽の恵みの副産物、憎き紫外線の仕業です。

出産後、歩けるようになったおこちゃまと、ほとんど毎日、近所の公園で太陽の下、思い切りあそびます。二人分の支度は意外と手間がかかるものです。

とて持とても念のために日焼け止めを持つなんてできないのです。

ただ、シミのないお肌のためには、外出時の日焼け対策は必須です。ポケットに入れてでも持っていくことにします。

肌を手入れするとき、乾燥シーズンは気をつけている人は多いようです。特に影響が出やすいのは目の周囲で、皮脂の分泌量が少ないため乾燥の影響を直接うけてシミやシワが出やすいですし、体質によっては、ひどいかゆみや目尻のただれを我慢している人もいますね。乾燥防止の目薬を使っている人もいるようですが、肌にも潤いを与えてあげてください。私の場合、皮膚科で教えてもらったのですが、天然オイルで保湿をしっかり行なうことで肌トラブルを未然に防ぐことができるそうなので、目基にもオイルをプラスしてあげるといいかもしれません。

肌に浸透して肌をふっくらさせるタイプ、肌の上でバリヤーになって水分を保持するタイプがありますから、肌と相性の良いものを使用するようにしてください。

私自身、ほっぺたの毛穴の開きが年齢と共に悪化していますね。正面から顔を見てみると、毛穴の開きが目立つようになってしまったのです。この毛穴を塞いでしまいたい、出来るだけ小さくなって欲しいと思い、毎日のスキンケア洗顔を行っていますね。

洗顔後に冷たい収斂化粧水で、パッティングをするようにしていますねが、ちょっとだけ引き締まってきたように思いますね。シミをコンシーラーでどうにか隠そうとしたところ、かえって、シミが際立ってしまったこともあるでしょう。ファンデをチョイスする際は、元々の肌色よりも少し明るめをチョイスする女性が少なくありないのですが、コンシーラーを買う時、肌より明るめのカラーをセレクトするとシミがもっと際立ってしまいますね。シミをわからなくするためのコンシーラーの色はお肌の色より少しだけ暗めの色をチョイスすることが極意といえます。皺はかならずきっかけがあって創られます。乾燥は、ぜったい無視できないところでしょう。乾燥した空気は乾燥肌を生み出しますが、過剰な皮脂の分泌を促して肌のキメを荒くすることもあり、肌にダメージを与えているので注意しなければいけないのです。

気づかないうちに乾燥することもあるので、なんにしてもマメに保湿することが大切です。メイクの上から使える粒子の細かいミストを使って手軽に肌に潤いを与えたり、湿度が高い夏は汗で気づきないのですが、紫外線で肌の表面が乾燥しているので清潔を心がけ、丁寧に保湿ケアしてあげるといいかもしれません。

Published in メイク